...menu...  

何人で始めるか

 新会社法により、取締役が従来の3人から
1人でよいということになりました。
つまり、たった一人でも起業することが
できるようになったということです。

もちろん以前から、取締役に親族をあてるなどし、
実質は一人で経営しているような場合がありました。

しかし法律改正によって、本当に一人でも
起業できるようになったわけです。
これにより役員報酬といった経費のリスクを
逃れることができますし、取締役会というような
期間の設置も必要でなくなります。  

非常に身軽に経営を行うことができるのです。
初めての起業なればこそ、リスクは小さく、動きは
大きく取り組みたいものです。

そういった動きができるようになったからこそ、
チャンスはより広がっているのではないでしょうか。

 

相続税   運転資金   レンタルオフィス

    経費   労務手続き

since 2012-2016
  (C)起業セミナー