経費

京都府内に本社がある会社設立をする際に最低限かかる費用について述べると、
まず京都府内の公証役場で定款の認証を受ける際には、認証料約5万円、
定款謄本交付手数料2,000円程度、収入印紙代4万円が必要です。

そして、その後法務局に設立登記を申請する際には、資本金の額の0.7%に
相当する額か15万円のうち、どちらか多い方を登録免許税として支払います。

よって、会社設立をする場合には少なくとも25万円程度の経費がかかります。
電子定款にすると収入印紙が不要となるため、印紙代を節約することができますが、
それでも20万円あまりは必要です。

しかし、実際に会社を設立する場合に上記のような費用で設立する例はほとんどありません。
会社設立をする場合は上記の経費に加えて、定款認証や登記申請の代理を司法書士に
依頼した場合に支払う報酬や、資本金、備品の購入・リースの費用、ホームページの
作成依頼料なども必要となるため、立ち上げる会社の規模によるものの、
数百万円程度は設立資金として確保する必要があるでしょう。

 

  • ■京都にて会社設立
  • ■ 起業する理由
  • ■ 何人で始めるか
  • ■ 必要な費用
  • ■ 起業の3ステップ
  • ■ サイトマップ
  • ■ 助成金
  • ■ 必要書類
  • ■ 手順
  • ■ ランニングコスト
  • ■ 相続税
  • ■ 運転資金
  • ■ レンタルオフィス
  •   
  • ■ 経費
  • ■ 労務手続き