レンタルオフィス

サイトトップ  ビジネスチャンス  社員の人数  新会社法の資本金  段階を踏む  京都会社設立の制度を知る  会社設立登記申請  計画的に進める  会社設立後の運営費用  会社設立の相続税  会社設立後運転資金  レンタルオフィスで会社設立  経費  会社設立の労務手続き  SITEMAP

会社

会社設立をする際に、レンタルオフィスを本店所在地として登記する会社が少なくありません。
レンタルオフィスとは、業務をする際に最低限必要な設備がひと通り用意されている
貸し事務所のことで、会社設立をする際にこのオフィスを利用すると初期投資を
いくらか抑えられるメリットがあります。

京都府内にもこのような形式のオフィスが多数あり、京都府内で新規に会社設立する場合に便利です。
レンタルオフィスで会社設立をするには、定款で本店所在地をそのオフィスの所在地とすれば良いだけです。

定款を作成する際には本店所在地を必ず定める必要がありますが、法律では
本店所在地をどの場所にしなければならないかという規定は明確に定まっていません。

お店

そのため、発起人のうちの誰かの自宅や賃貸事務所を本店所在地とすることも可能です。
ただし、賃貸事務所を本店所在地とする場合は、事前に所有者の了解を得なければならないことがある点や、
実際にそこで従業員が勤務していないと社会保険に加入できなかったり、
金融機関に取引用の口座を開設出来ない場合がある点などに注意が必要です。

 

  • ■ TOP
  • ■ 起業する理由
  • ■ 新会社法により何人で始めるか
  • ■ 必要な費用
  • ■ 起業の3ステップ
  • ■ 助成金
  • ■ 必要書類
  • ■ 会社設立の手順
  • ■ ランニングコスト
  • ■ 財産の移転
  • ■ 資金の見積もり
  • ■ 所在地
  • ■ 会社設立登記の様々な手数料
  • ■ 重要な作業
  • ■ サイトマップ